正絹着物は自浄作用があるって本当?

暮らしと着物

シルクには自浄作用がある。

この『自浄作用』という言葉、初めて着物を買った古着屋のおじさんから教えてもらいましたし、シルク製品の紹介サイトでも見かけます。洋服を着ていた頃は絹製の服なんて着なかったものですから、「美しい艶や柔らかな手触りだけじゃなく、そんな機能性も備わっているなんて!」と驚きつつ素直に喜んでいました。

着た後に必ずクリーニングに出さないといけない衣服なんて出費がかさみますし、面倒くさいとも思っていたので、自浄作用がある=クリーニングも不要という可能性は、懐事情も温かくない庶民かつ無駄を嫌うミニマリストの私には、たいそう魅力的な可能性に感じました。

 

しかし、万が一この『自浄作用』が間違っていたら、お気に入りの正絹着物が染みだらけ・カビまるけになりかねません。そこで、石橋を叩きすぎて渡る前には壊れがち、でおなじみの私は、素人ながら正絹の自浄作用について調べてみました

 

着物を始めたばかりの頃からの疑問でしたし、シルクのスカーフなどを買った際にも気になっていたので、

  • 着物の管理について不安がある
  • シルク製の服を買ったばかり

なんて方の参考になるかと思います。

 

結論から述べますと、絹に自浄作用はありません・・・

なんだかショックです・・・。しかし、ただでは起き上がりたくありませんので、その根拠や、絹製品の管理や手入れに役立つ情報をまとめてみました。

※広告が入っています。読みづらい箇所があるかもしれません・・・。

はじめに

ここでは、「つやが美しい」などの主観や、「心地よい肌さわりで心の栄養になる」などといったことは述べません。絹製品のセールストークとして「皮膚がんを抑制する」と根拠の明記されていない情報までもが氾濫しているのを目の当たりにしたためです。

弊ブログでは、ただただ絹という物質の特徴と、それによって起こることのうち、わたしたちの暮らしに影響のある部分のみ、調べたことをまとめていきます。

絹自体の特徴(利点)

  1. 吸湿性:木綿の1.5倍の水を吸う
  2. 速乾性:木綿の1.5倍速く乾く
  3. 保温性

この3つの特徴は、科学的にも立証されている絹のメリットといえます。


これらのメリットの根拠については、以下の通りです。

絹の表面に大量に存在する親水性物質なるものが、水を絹繊維に引き込む働きをしている。また、絹を構成するフィブリンという組織は、繊維の隙間に空気を含んだ微小な層が多数あり、水分の吸収を助けている←吸湿性が高い理由

絹繊維は前述したとおり多くの空気を含んでおり、また繊維はやわらかく空気や水を通しやすい←速乾性が高い理由

絹繊維のもつ空気層が熱の移動を防ぎ、吸湿性・速乾性によって適度な湿気を含んでいるため汗を吸いかつ乾燥も防ぐ←保温性が高い理由

絹製品の特徴

「そんなテスト勉強してるような説明はどうでもいいから、自浄作用について早く教えてよ!」

と言われてしまいそうなほど、無味無臭な文章を書いてしまった・・・、と少し反省しております。そこでここからは、もっと楽しく軽~くお話ししていこうかと思いまする。

 

お次は、副次的な絹製品の特徴について考えていきます。

 

またつまんなそう!となりそうですが、わたしたちの暮らしに必要な部分なのでしばしご辛抱を。

 

みなさんが弊ブログをお読みになっていたり、わたしが今まさにこの記事をへーこら書き殴っているのはなぜでしょう?それは、シルク製品の保管について悩んでいるからで、もっと具体的にいうと、保管中のシミやカビなどのダメージが不安だからですよね。だから自浄作用なんて素敵な情報を信じたくなっちゃうんですよね。

↑祖母の古着の裏側

絹だけでなく、ウールや木綿の服や革靴なんかにもカビは発生してしまいますが、原因は風通しが悪い高湿度な保管環境が主な理由だそうです。とは言われても、賃貸のクローゼットは変えられないし、窓も少ないから通気性も改善なんてできないし・・・。

 

ん?

 

絹の特徴ってなんだったっけ?そうです。空気や水を吸ったり放出したりしている。つまり、通気性がよくて湿気も溜め込まないのです。絹自体が、細菌やウイルスが繁殖しづらい環境になっていると考えられます。

絹に自浄作用はない

ここまで調べてもなお、自浄作用についての科学的根拠となるような情報は見つかりませんでした。しかし、

「絹よ。自浄作用があってくれ」

そう願いながら、わたしはもうしばらくネットをさまよいました。

 

そこで、絹には抗菌作用がある、という情報を見つけました。

「そうか。抗菌作用があればシミやカビが発生しない。これが自浄作用の根拠になりえるかも!」とうきうき調べ始め、

そして絶望しました・・・。

 

どうやらこの抗菌作用説は、フルボノイド色素が絹を作る過程で完全に除去されなかった場合に防菌作用がある、という話らしく、絹じゃなくフルボノイド君がすごいだけでした。

 

もしかしたら、絹の透湿性による菌が繁殖しづらいという特徴から飛躍して、抗菌作用があるなんて言われている可能性もあります。

 

とにかく、われわれが必死に探し求めたひとつなぎの大秘宝(自浄作用)は見つけられず、冒険もここで打ち切りとなりそうです・・・。

 

もし、なにか情報をお持ちの有識者様がいらっしゃりましたら、こちらにご指摘いただけますと幸いです。

正絹着物の保管方法

絹に自浄作用がないと分かった今、わたしたちは気を付けて着物と付き合っていく必要があります。

 

そこで、あくまで参考として、着物で暮らす人間のケース1として、わたしの正絹着物との付き合い方について紹介して、弊記事を終わろうと思います。

 

  • 汚れる場には着て行かない
  • 汚れが付かないようにする(食事の際は膝にハンカチなどetc..)
  • 着用後はハンガーに掛け1週間汗をとばす
  • ハンガーに掛ける際に見える汚れがないか確認
  • 汚れがついていたら、(繊細or高級品ではないなら)自分でとる
  • まずは濡れタオル→とれなければベンジン
  • 自分でとれない汚れはすぐにクリーニング
  • 汚れがなければ畳んでしまう
  • 半年に一度、からっとした陽気の日に虫干し

2番目に挙げた、汚れがつかないようにする方法は、また後日詳しく紹介させていただきます。

 

そうだ。もうひとつだけお伝えしたいことがありまして、正絹の着物は洗濯しない方がいいです。具体的に言うならば、慣れていない内は、着物のお洗濯情報が十分に集まっていないのならば、着物が正絹の袷ならば、洗濯機で洗ってはいけません。

↑私が洗った正絹の袷着物です。大島紬は制作過程で水につけるため水に強いと思い洗ってみたのですが、裏地との収縮率の差で変な皺が生まれ、生地の艶も失われました・・・。

お洒落着用のエマールを使ったのもよくありませんでした。正確に言えば、ウールも洗える君ならばと過剰な期待をしてしまった私が悪いのです。使ったことはありませんが、絹専用の洗剤なら結果は違ったかもしれません。評判の良いものを載せておきます。

 

みなさんが私と同じ轍を踏まないことを願っております。

むすび

今回絹について調べてみて、自浄作用はないものの菌が繁殖しづらいという特徴があることから、過度にシミやカビを怖がる必要はないように感じました。

一方、保管環境が劣悪(換気されない湿気のある場所)であればカビるでしょうし、絹は虫に食われやすいので、一定のリテラシーある管理は必要なだと言わざるを得ません。

適度に怖がりながら絹と付き合っていくことが、長持ちの秘訣なのかもしれませんね。

みなさんの暮らしが、よりいっそう素敵なものになりますように。

 

おわり。

 

タイトルとURLをコピーしました